女性に多い全身性エリテマトーデス



iryou...11





全身性エリスマトーデス(SLE)とは、
身体中の様々な組織に対して、
抗体が攻撃を与えている病態のことを指す。



その結果、貧血や腎不全を始め、
てんかんの発作や胸膜炎などが、
引き起こされる可能性がある、恐ろしい病気だ。



再発を繰り返しやすく、特に、
手と足に疼痛を伴う、関節炎を発症することが多い。



SLEのSは、”systemic” の略で、全身のという意味であり、
LEのLは、ラテン語で狼を表す、”lupus” のことで、
皮膚にできる発疹が、狼に噛まれた痕のような、
赤い紅班であることから、名づけられている。



発熱や全身倦怠感の他、関節や内臓など、
様々な症状が、次々と起こってくる。



その理由は、いまだ解明されていないが、
免疫の異常が、病気の成り立ちに、
重要な役割を果たしていると、考えられている。



現在日本では、約4万人前後の患者がいると、
考えられているが、治療を受けていない人などを、
含めると、その2倍はいると推定される。



有色人種に比較的多いと言われているが、
日本においては地域差などはなく、環境因子が、
発症に影響しているかどうかは、分からない。



発症は圧倒的に女性に多く、15~65の広範囲で、
子どもを生むことのできる、年齢層が一番多い。



原因はいまだに不明だが、症状を誘発する原因として、
紫外線の影響や、風邪などのウィルス感染、
外科手術などが考えられている。



治療法としては今のところ、発症中の炎症の悪影響を、
薬物投与によって、最低限に止めるしか方法がない。



難病の中でも、世間に知られた存在だけに、
一刻も早い治療法の確立と、原因の特定が求められている。






Post a Comment

You must be logged in to post a comment.